建材用塗料

窯業系建材(サイディング)用塗料

以前は、日本の木造住宅の大半は、モルタル壁が主流でしたが、近年は外壁材の主流が変わり、戸建住宅の大半に使われているのが「サイディング」です。

サイディングは、工場内で生産した工業製品で、板状外壁材の総称です。品質が均一、比較的低価格でデザイン性・施工性に優れています。
日本の新築戸建住宅の約70%程度の外壁に、このサイディングが使用されているのが現状です。

窯業系サイディングを使用した「アック弥富営業所」

窯業系サイディングは一番使用されており、その理由の一つとしては、洋風・和風・シンプル・モダンなどの様々な外観を塗装によって表現出来ると言うデザイン性の豊富さが市場に受け入れられている点です。
現在では、デザイン性のみではなく付加価値機能として防汚機能・超高耐久機能・遮熱機能などと言った商品も開発されています。

建材塗料販売分野では、現在主流となっているサイディングに対しての塗料について長年の納入実績と経験を持っております。